知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう

ビールを使うレシピ

ビールはそのまま飲むことが多いことと思います。
けれども、ビールを使ってカクテルを作っても、おいしく頂けます。
サイダーやコーラといった炭酸飲料、あるいはオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどをビールと1:1で混ぜると、それだけアルコール分が薄くなるのでお酒に弱い人でも飲めるカクテルが出来あがります。
特に果物のジュースを使うとフルーティーな味になり、飲みやすくなります。
飲み物以外にもビールを利用するレシピはいろいろとありますが、私が使うのはぬかみそ漬けです。
残ったビールを入れるとぬか床の発酵が促されて、ぬかみそ漬けの味がグッとおいしい仕上がりとなり、どんなグルメでも満足することとなります。
ときどき、ビールを購入したら、まず、ぬか床に入れてかき混ぜて、残ったビールを私が飲むということもあります。
また、ぬかみそ漬けだけでなく、浅漬けを作る時にもビールを少々混ぜてみて下さい。
ごはんに合う、おいしい漬けものの出来あがりとなります。
漬けものだけでなく、他にも残ったビールを使っておいしい料理を作ることが出来ます。
例えば揚げものを作る時、フリッターや天婦羅などには水を使いますが、水の代わりにビールを使うとサクサク感が違います。
ビールの炭酸が肉を柔らかくしてくれることからカレーやシチューを作るときには、あらかじめ肉をビールに漬けこんでおきます。
意外なことですが、ビールは掃除にも活躍します。
ビールに含まれるアルコール分が汚れを分解してくれて、とても助かります。
「残ったビールの使い方」と入力してネットを検索してみてください。
料理その他のいろいろな利用法が見つかります。

グルメ・食品・飲料のお勧めサイトを紹介します

Copyright (C)2018知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう.All rights reserved.