知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう

ビールの種類

ビールというと、普通は黄金色で冷やして飲むアルコール飲料というイメージがあります。
実は、ビールにはいろいろな種類があり、常温で飲むほうがおいしいビールもあります。
ビールには大きく分けて2種類のものがあります。
上面発酵ビールと下面発酵ビールです。
これは発酵温度と使用酵母の違いで区別されています。
上面発酵ビールはエールとも呼ばれています。
これは20度前後で短期間に発酵されるもので、発酵中に酵母が上に浮きあがってきます。
エールは常温で飲まれます。
これに対して日本で飲まれるビールのほとんどは下面発酵ビールという種類のものです。
低温で発酵させるビールで、発酵温度は5度前後です。
エールと比べて発酵期間が長く、発酵の終わり頃に酵母が下に沈んできます。
下面発酵ビールは一般的にラガービールとも呼ばれます。
エールの方が歴史が古く、数千年の歴史があります。
それに対してラガービールは15世紀にドイツのミュンヘンで作られたものです。
ドイツはビールの本場と言われていることもあり、ついビール発祥の地はドイツと思いこみがちですが、正確に言えばラガービール発祥の地がドイツということになります。
日本ではラガービールが一般的なため、エールを飲む機会はあまりないかとも思います。
けれど、各地で作られている地ビールに目を向けてみてください。
中にはグルメからも絶賛されているエールがあります。
地ビールの多くは通販で購入することができます。
Copyright (C)2018知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう.All rights reserved.