知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう

おいしいビールの飲み方

暑い夏に冷えたビールを飲むのはたまらないものです。
体中汗いっぱい、喉はカラカラという時に飲むビールはどんな銘柄のビールでも最高においしく感じます。
それでも、おいしくビールを飲むにはいくつか気をつけておくことがあります。
まず、グラスがきれいであること。
そして、グラスの厚みは薄い方が感触がよくなります。
そしてビールだけでなく、グラスもあらかじめ冷凍庫に入れて十分に冷やしておくこともおいしいビールを飲むコツです。
ただ、冷えたビールはおいしいとは言っても、あまり冷え過ぎると逆においしさが損なわれます。
ビールにいい温度は夏ならば6度〜8度、冬ならば8度〜10度が適当といわれています。
ビールをグラスに注ぐ場合、きれいな泡を作ることを心がけます。
具体的なプロセスは次の通りになります。
まずはビールをグラスの底に向かって勢いよく、強めに注ぎます。
これにより、泡が形成されます。
ある程度泡が出来あがったら、一度注ぐことをストップします。
ここで大きめの泡が消えていくのを待ちます。
大きな泡がなくなり、細かな泡だけになったところで今度はゆっくりとやさしくビールを注ぎます。
これによって、キメ細やかな泡がビールのフタをしてくれる形になり、おいしい口触りのビールとなります。
泡とビールの理想的な配分は3対7が理想的とされます。
このようにおいしいビールの注ぎ方は実は繊細な技術を必要としますが、ビールにこだわるグルメならばこのプロセスを意識してグラスにビールを注ぎます。
「めんどくさい」と思うならば、ビールサーバーを利用する手もあります。
ビールサーバーは素人でもある程度理想的なビールの注ぎ方ができるように作られています。
本格的なものは数十万円しますが、家庭用ならば数千円で手に入れることができます。

グルメ・食品・飲料のお勧めサイトを紹介します

Copyright (C)2018知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう.All rights reserved.