知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう

工場見学とは

「工場見学」は最近の新しい観光スポットとして人気となっています。
その中でも特に人気なのがビール工場見学。
実際、工場で飲むビールは家庭やお店で飲むビールよりもおいしいとグルメの間でも評判です。
工場見学の所要時間は1時間ほどで、多くの工場が要予約となっています。
まずは案内の人に従って工場内を周り、ビールの製造現場を見学します。
そして最後にお楽しみの試飲が待っている、ということになります。
試飲のほかにイベント開催時にはオリジナルグッズをもらえることもありますし、敷地内にレストランやビヤガーデンが設置されている工場もあり、おいしいビールに加えておいしいおつまみを楽しむこともできます。
ところで、なぜビール工場で飲むビールはおいしいのでしょうか?
これには大きく分けて2つの理由があります。
1つは温度管理や注ぎ方がプロによるものであることです。
おいしくビールを提供するノウハウを知っている人がビールを出してくれるわけです。
もう1つは出来たてのビールであるということです。
ビールは発酵が終了して、出来たてが一番おいしいとされています。
これは、ビール製造後は、ビール酵母がどんどんと死んでいく、つまりビールが劣化していきます。
その他、移動による振動も味の劣化の原因となります。
つまり、ビール工場で飲むビールは産直の、最高においしい段階のビールということになります。
ちなみに、ビールの消費期限は9カ月が一般的ですが、美味しく飲めるのは製造から2週間位とされています。
Copyright (C)2018知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう.All rights reserved.