知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう

ビールと発泡酒と第三のビール

ビールと発泡酒、何が違うの?という疑問を持つ方も多いことでしょう。
ビールは基本的には麦芽、ホップ、水で醸造されます。
これら3つの他に麦や米、とうもろこし等も原材料の一部として使われることがあります。
ビールと発泡酒の違いは麦芽の使用比率によります。
日本の酒税法によるビールの定義は麦芽使用量が3分の2以上の発泡性アルコールとされています。
これに対して、発泡酒は、麦芽の使用量が少なくなっているものです。
ビールはグルメが飲むもの、発泡酒はそうでない人が飲むものというイメージが以前はありましたが、今ではおいしい発泡酒も多く、グルメにも愛飲されています。
ところで、なぜ発泡酒というものが市場に出てくるようになったのでしょうか。
ビールの税率は酒類の中でもちょっと高めに設定されています。
このため、1990年代後半にいくつかのビール会社が麦芽使用量が少ない発泡酒を開発し、市販するようになりました。
麦芽が少なめなため、ビールよりも税金が低めとなっていました。
ところが、発泡酒の売り上げがよいために国税庁は発泡酒に対する税率を上げ、発泡酒の金額が上がってしまいました。
その後、麦芽を使わないビールに似たなアルコール飲料が発売されて、これが第3のビールと呼ばれるようになりました。
第3のビールでは、原材料に麦芽を使用せず、けれども飲むとビールそのものの味です。
現在のビールの税率ですが、いわゆるレギュラー缶と呼ばれる350ml入りの缶の場合ですと、ビールには77円の税金が、発泡酒の場合には46.99円の税金が入っています。
第三のビールには28円の税金が入っています。
Copyright (C)2018知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう.All rights reserved.