知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう

ビールに合うおつまみ

ビールに合うおつまみというとやはり枝豆です。
男性女性を問わず、さらにどの年代にもビールのお供は枝豆というのがお約束となっているようです。
ビールと枝豆の相性についてまじめに論じるグルメ記事もときどき目にします。
箸やナイフを使わずに手で直接食べることがビールと相性良く、そして枝豆の塩が口に残り、それをビールが洗い流すという流れも枝豆をおいしく感じる要素になっているようです。
その他、栄養学的にもビールと枝豆の組み合わせは理にかなっています。
枝豆は若い大豆で、大豆にはレシチンという物質が含まれています。
レシチンは肝臓を修復する機能があり、これはビール好きには嬉しいことですね。
レシチンの他にアルコール分解に役立つビタミンBも枝豆には豊富に含まれています。
枝豆の他に人気のおつまみというと焼き鶏やからあげ、あるいは柿の種やピーナッツ、あたりめ等の乾きものも手軽に楽しめます。
フライドポテトやポテトチップス、ハムやソーセージも定番もののおつまみです。
以外なことに塩辛や刺し身といった、日本酒に合うものもビールのおつまみとして人気があるそうです。
私が好きなビールに合うおつまみは菜の花やふきのとうの天婦羅です。
菜の花もふきのとうも春に出回るほろ苦い食材ですが、それらを天婦羅にするとビールの苦さと相乗効果が出るような感じとなります。
いかにも大人のための食べ物といった雰囲気を味わうことができ、最高のおつまみとなってくれます。
Copyright (C)2018知った方が断然旨い!ビールでグルメに楽しもう.All rights reserved.